<   2005年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

わたしの季節

滋賀県の重症心身障害児者施設、第二びわこ学園を舞台にしたドキュメンタリー映画「わたしの季節」が、第3回文化庁映画賞を受賞しました。
2004年度毎日映画コンクール記録文化映画賞に続く受賞でしたが、今日は、またさらに、山路ふみ子映画賞福祉賞を受賞したとのお知らせをいただきました。
小林茂監督ご本人はもとより、監督が今まで撮ってこられた数々の映画に、いろいろなかたちで関わることが出来た、おそらく数え切れないほどの人達ひとりひとりにとっても大きな喜びであることは間違いありません。
今までに、監督・カメラマンとして取り上げたテーマは、ハンディを持つ子供たちの放課後、施設を出て一人暮らしをする男性の24時間介護を支える人々、閉山の危機のなかで炭鉱(ヤマ)とともにあった人々の暮らし、水銀中毒被害を受けながら川と共に暮らす人々・・・等、社会派ドキュメンタリーといったものですが・・・
そこにあるのは、生活、思い出、喜び、悲しみ、希望・・・人が生きる、ありのままの姿です。
いつもそこには、その「時」を、その「人」を見つめる、小林茂氏の真っ直ぐで温かい,いとおしさに満ちたまなざしを感じることが出来ます。
おそらく、それがゆえに撮られる人々は、スクリーンに、自分のほんとうの姿をみせてしまうのです(^^)

是非、ひとりでも多くの人達に、この映画を見て欲しいと思います。
http://www.hanga-cobo.jp/niyaniyu/watasi-1.html
ちなみに、挿入歌「かえろうかな」は、ブラジル在住のラテンジャズヴォーカリスト青木カナさん。http://www.100nen.com.br/ja/kana/
彼女の歌声に、きっと魅了されるはず!(@▽@)e0090584_0153459.jpg

東京では、東京国際映画祭の一環として、10月28日(金)午後4時から、渋谷文化村ル・シネマにて「わたしの季節」が無料上映されます(小林監督ゲスト)
大阪では、11月に、梅田ガーデンシネマにて上映予定。
e0090584_0142938.jpg


****

もうひとつ嬉しいこと(^。^)

16日にここでもふれた、こちらも琵琶湖が舞台のテレビドキュメンタリー「映像詩 里山~命めぐる水辺」が、海外で、受賞されました。
なんと、8つも!そのうち7つが、最優秀賞(@@)
「イタリア賞」テレビドキュメンタリー文化・一般番組部門最優秀賞・・・国際コンクールの最高権威だそうです。
ほかに、「国際野生生物フィルムフェスティバル」(アメリカ)「「ニューヨーク・フィルムフェスティバル2005」「ワイルドサウス国際映像祭」(ニュージーランド)「上海テレビ祭」「モンタナシネ国際フィルムフェスティバル」(アメリカ)「タオス山岳フィルムフェスティバル」(アメリカ)「アメリカ国際フェスティバルフィルム・ビデオ祭」
取材期間100日地元の人達の協力、そして、ハイテク機材の使用と、1時間に満たない映像の影には、どんな楽しい(?)時間が隠されていたのでしょうか。
ヨシノボリくん、受賞おめでとう!
[PR]
by hontou-no-koto | 2005-10-26 23:41 | 映像

国際連合

もう少し、国際連合のことを調べてみた。
現在の加盟国は、191カ国。一番最近加盟したのは、東ティモール(2002年9月27日)、スイス(2002年9月10日)。(by 国連HP http://www.unic.or.jp/know/listm.htm
スイスが、入っていなかった(@@;
今まで、入らずにいた理由、最近になって、加盟した理由はなんだろう?
日本が加盟したのは、発足11年後の加盟国80番目で、1956年12月18日だった。
ちなみに、日本は、サンフランシスコ講和条約が発効する1952年4月28日まで、連合国軍の「占領状態」が続いていたということになり、国際法上、この日が、日本の「独立記念日」になるのだそうだ(@▽@;し、知らなかった・・・)
加盟1時間後に行われた国際法委員会の委員選挙に参加する当時の国連大使の写真が、毎日新聞に載っていた。
どんなにか、感激したことだろう?(と思うのだけど・・・)

国連のもっとも、重要な設立目的は、「国際の平和と安全の維持」である。
国連の数ある機関の中でも、もっとも中心的な「安全保障理事会」の構成は、12の非常任理事国(2年任期で選挙で選任される)と5の常任理事国(中国、フランス、ロシア連邦、英国、米国、任期無期限)。
同委員会が決定したことは、全加盟国が、承認、実施しなければならならいそうだ。
常任理事国は、選挙しなくても理事国になれ、さらに最終決定権である「拒否権」を持つ。
常任理事国以外の、186の国は、これをどう思っているだろう?
自分の国も「特権」が欲しいと思うのだろうか?
それとも、「特権」など、有ってはならないと思っているのだろうか?
こんなに明らかな権限の不公平さがあっても、この「拒否権」を使う「常任理事国」が変えることを許さない。
敵国条項」は、未だ、生き続けている。
国連憲章の変更は、常任理事国を含む加盟国の3分の2の賛成が必要だからだ。
危険な「敵国」が、国連軍の行使の決定権を持つ「常任理事国」になるという、不可思議さ・・・ヾ(==;
日本は、この「特権」を得て、何をしようというのだろうか?(ーー;

「常任理事国」が無くなれば・・・入りたくても、入れない(≧▽≦)
[PR]
by hontou-no-koto | 2005-10-26 01:53 | せいじ

10月24日

10月24日は、1945年国連発足の日だそうだ。
毎日新聞によると、第二次世界大戦で枢軸国と枢軸国と戦った連合国を母体に設立された・・・とある。
枢軸国」を調べてみると、日本、ドイツ、イタリアの3国と、大戦末期に降伏し、連合国に就いたがアルバニア、タイ、ハンガリー、フィンランド、ブルガリ
ア、リトニア、ルーマニアをさすそうだ。
連合国」は、設立当時、51カ国、アメリカ合衆国、イギリス、ソヴィエト連邦、フランス、中華民国(以上が常任理事国)オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、チェコスロバキア、ユーゴスラビア、ギリシャ、デンマーク、ポーランド、オーストラリア、ニュージーランド、エジプト、南アフリカ共和国、カナダ、ドミニカ共和国、メキシコ、キューバ、グアテマラ、ハイチ、ホンジェラス、サルバドル、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、コロンビア、ベネズエラ、エクアドル、ペルー、ブラジル、バラグアイ、ウルグアイ、アルゼンチン、チリ、イラン、イラク、シリア、トルコ、サウジアラビア、エチオピア、リベリア、そして、まだ独立国でなかったインド、フィリピン、レバノン、白ロシア、ウクライナ。
ちなみに、「敵国条項」国連憲章53条及び107条は、日本、ドイツ、フィンランド、ルーマニア、ブルガリア、ハンガリーの6ヶ国。イタリアは入っていなかった(@@)国連憲章に違反した行動を行なった場合に連合国の構成国は(単独でも)国連決議に拘束されずに無条件に軍事制裁を課すことができるとしている。
そして、「常任理事国」は、実質事項の審議において常任理事国が1国でも反対すれば決定ができない「拒否権」を持っている。
その仲間入りをしたい日本だが・・・「拒否権」を持たない他の多くの国にしてみれば、「常任理事国」という、特権は、どうなのだろう?
大国主義を納得しているとしたら、不思議な気がする(--;

新聞には、「国連憲章」の前文が、載っていた。
「われら連合国の人民は・・・」からはじまる、理想を願いがこめられている。
つい先日、コメディアン松元ヒロの「日本国憲法 前文」をビデオで聴いたばかりだったので、思い出したが、「日本国民は・・・」から始まるそれは、「国連憲章 前文」よりはるかに感動的だったのだ。

<国立国会図書館→http://www.ndl.go.jp/constitution/etc/j01.html> 
[PR]
by hontou-no-koto | 2005-10-25 02:30 | せいじ

10月23日

無事に10月23日5時56分を、送ることが出来た。
もう、あんな、大きな地震はこないだろうと思いつつ、でも、やはりその日が近づくと胸騒ぎがしてしまっていた。
今日は、一日曇り空で、たまに小雨のちらつく寒い日だった。
夜になって、激しい雨が降っている。
あの日雨が降らなかったことを、今頃になって感謝してしまう。
そして、遠くから支援に駆けつけてくれた人達、全国から義援金を送ってくれた人達、心配してくれた人達のことを忘れてはいけないと改めて思う。
[PR]
by hontou-no-koto | 2005-10-23 23:07 | 日記

九条の会

もし、「自分の国」を思い浮かべなさいと言われたら、それは、生まれ育った家や山や川、家族や懐かしい人達の顔がまず浮かぶのではないだろうか?
「愛国心」と言われたら、自分を育んでくれた人達や、自然へのいとおしさを胸に抱くのではないか?
毎日を砲弾や命の危険に脅かされること無く、過ごすということが、今、望んでもできない人達がこの地球上には、たくさんいるという事実を私たちは、日々のメディアで知ることが出来る。
あたりまえに、私たちは、平和の中に生きている。
でも、それは、この60年間のことだ。
この60年間、国内にも国外にも、ひとりの戦死者も出していない。

日付がかわって昨日になったけれど、「憲法9条と平和をまもる新潟のつどい」に行ってきた。
7月30日の東京有明で行われた、9条の会の催しに参加してから、3ヶ月ぶりになるが、キャパ1,730の大ホールに収まりきれない人達が集まり、ここでも、同様の熱気を感じた。
そして、いかんせよ、ここでも、同様に若者の姿が少ない(--;

大江健三郎氏と澤地久枝氏の講演の後に、それぞれ10分間にも足らない程度の5人の県民リレートークが有った。
その一番手の加茂市長小池清彦氏の話が、実にわかりやすく面白い話だった。
1991年、湾岸戦争当時、防衛庁教育訓練局長として在職中から、自衛隊の海外派兵に反対してきたが、もし、改憲によって集団自衛権や海外での派兵が認められたならば、それは、確実に戦死者を出すことになり、少子化の影響で、自衛隊(軍隊)に入る人間が減少、徴兵制は、必至である。
原爆という、世界が認めざるを得ない大国家テロを受けたことで、世界が認めている「平和憲法」=海外派兵の免罪符を自ら放棄することは、愚弄だということだった。
常任理事国になりたいのなら、「平和国家」として常任理事国入りをせよと言って、ステージを去っていった。

二回の9条の会の講演会で、感じたことは、権威を持った人間や組織は危険だということ、そして、現行の「平和憲法」の条項ひとつひとつが、その権威から、わたしたち国民を守る為に作られている、ということだ。
権威を持った人間や組織が、「平和憲法」を崩したがるのは、無理も無いことかもしれない。

澤地久枝氏の開口一番は、自衛隊を「国際救援組織」に再編して、新潟に来て震災復興活動をせよということだった。
これは、ほんとうに同感!!(^^)
ず~っと、私もそう考えていた。
これほどの、誇りを持ってできる国内&国際貢献は無いだろう。
最後の言葉は、先日アメリカのイラク派兵反対運動の先頭に立って逮捕された、息子をイラクで亡くした母親シンディー・シーハンさんの言葉の紹介だった。

考えることです。
調べることです。
探すことです。
ほんとうのことは、隠されている。
自分で考えて判断することです。

肝に銘じよう。
[PR]
by hontou-no-koto | 2005-10-23 03:53 | 日記

靖国神社参拝

靖国神社を検索したら、日本国外では、war shrine(戦争神社)と呼ばれていると出た。
戊辰戦争での朝廷方戦死者を慰霊するために建てられた「東京招魂社」が前身なので、当然設立は新しく(1879年)、陸軍省および海軍省によって共同管理される特殊な存在であり、国家神道の象徴としてとらえられていた。
靖国神社に祀られている「祭神」は神話に登場する神や天皇などではなく、合祀対象者は、その内規によって1.軍人・軍属 2.準軍属及びその他からなり、護国の英雄(=英霊)として、神格化される。

まさに「戦死」を最大の名誉とする戦争遂行の為のシステムだったのだ(@@;

1974年5月25日:靖国神社を国家管理に戻す「靖国神社法案」を自由民主党が国会に提出し、衆議院本会議で可決。しかし、6月3日、参議院で廃案となる。(なんと~@@;))
戦後60年にあたる2005年(平成17年)8月15日、靖国神社では、英霊にこたえる会主催の「第30回全国戦没者慰霊大祭」と「日本の声-英霊に感謝する集い」が開かれ、20万5千人以上の参拝者が訪れたそうだ。
1. 大東亜戦争(太平洋戦争、日中戦争)は、日本の自衛のために行われたのであり、欧米の植民地であった東アジアを自由で平等な世界を達成するための正当なものであった。
1.東京裁判は国際法を無視した戦勝国による不法な裁判であった。東京裁判によって「戦争犯罪人」との濡れ衣を着せられ、不当な処刑が行なわれた。
これが靖国神社の歴史観だという。
20億円を超える奉納金で靖国神社を支える支援団体のみなさま・・・かれらが、参拝する時は、小泉さん同様に、「不戦」と「平和」を誓うのだろうか?
8月15日靖国神社を訪れた20万5千人以上の人達の心はどこにあるのだろう?

被祀者の遺骨・位牌などは無く、霊璽簿に氏名を記入し、合祀祭を行うことで、「御霊(みたま)」を招来して祀っているそうだ。
戦後は政教分離政策の推進により一宗教法人となったが、神社本庁には加盟していないのだから、明治天皇を祭った明治神宮や、「日本書記」に書かれているような天照坐皇大御神を祭った伊勢神宮を、靖国神社と一緒にしてしまっては、どちらの立場からもチガウといわれそうだ。
でも、ヤマや木を「神」八百万の神と仰いだ祖先を持つ、名誉や栄誉(同じか^^;)とかかわりの無い、私たちともチガウような気がする。
人間は、天皇だって、「神」と違うんではなかったかな?
ほら、天皇自ら「人間宣言」ってのをやったはずだし・・・(^^;
靖国神社に祭られているのは、ほんとうは何なんだろう?

16日の深夜放送されたテレメンタリー2005「ノモンハン3000体の遺骨は今なお草原に眠る」を観た人はいるだろうか?
幼馴染の遺骨を求めて広い平原を探して歩く、生き残った男性の言葉・・・「名誉の戦死(といったか?それとも、英霊といったか?)なんてもんじゃない・・・」戦争に駆り立てていった言葉に対して、はきすてるようにつぶやいた言葉を・・・聴いたでしょうか?
二十歳そこそこの若者たちが、何故かの地で無残な死を迎えなければならなかったのか?
そのわけを、私たち日本人は、ほんとうに知っているんだろうか?
・・・知ろうともしていないことを、死んでいった人達が、もし、あの世で見ていたら、どう思って見ているだろう?
[PR]
by hontou-no-koto | 2005-10-18 02:35 | 日記

地球交響曲

今日は、中越復興記念上映会「地球交響曲 第5番」を鑑賞してきた。
http://www.gaiasymphony.com/index.shtml
1番から、4番までの集大成と簡単に言っていいものではなく、9.11~イラク戦争と進んでしまった「人類」の進むべき未来を示してくれたと思う。
宇宙から、細胞の素粒子レベルまで、エネルギー(記憶)は、波動のように全てが繋がっていて(by アーヴィン・ラズロー)、ひとりひとりの中に、地球規模の変化を起こしうる力が有る。
ということが、なんとなくイメージとしてわかってきたから、この映画はそれだけでもすごい!と思う。
が、それは、一人の人間の動機や意図(by ダライラマ)が、世界を変えうるという、良くも悪くも、大変なことではないか(@@;
それを、この映画は、希望と願いとを持って、語りかけている。
だからこそ、あなた自身が自分の中の命の繋がりに耳を澄まして、あなたの中の力を正しく使ってほしいと。
実行委員のみなさま、有難うございましたm(^^)m

ひとりの赤ちゃんの陣痛から誕生までと平行して、何人もの出演者のインタビューが続き、クライマックスへ持っていく。
龍村仁監督色の編集は、とてもわかり易いが、終始挿入または、場面と重ねられる「神道」のマツリゴトのかずかず(@@;
なんで、ジャックマイヨールをはじめ、亡くなった3人の出演者の名前が書かれた灯篭が何度も出てこなければならないのか?
何故、繰り返し明治神宮なのか?何故伊勢神宮参拝なのか?
ただ、神道の、自然と一体になったアニミズム性をのみ強調するにしては、あまりにも過剰配色だったという印象が否めない・・・というか、靖国参拝がどうしても頭にちらついてしまった(--;
龍村監督は、ほんとうはどこへ行こうとしているのだろう?e0090584_0365713.jpg

昨晩、NHKで再放送された、NHKスペシャル「映像詩・水辺の四季」では、カメラワーク、編集全てが、カメラの向こうの自然と人間の営みのみずみずしさを、けっして押し付けることなくこちらに伝えてくれ、その爽快感を味わってしまった後だったので、つい比べてしまっているのかもしれない(^^ヾ
私もそこに移り住みたいと本気で思ったものね。
いったい、どうやって撮ったんだろう?と楽しくも不思議なシーンの連続・・・
ここには、映画「地球交響曲」の中で、言葉で語られた世界が有った。
実は、NHKのドキュメンタリーは、私の一番のお気に入りです(^^)
親方さん達は好きになれないNHKだけれど、現場では、優れた人材が育つ場が有るということかな?
がんばってね、応援しているよ~
きっと、正しいバタフライ効果(by アズロー)が生まれるはずだから(^。^)
[PR]
by hontou-no-koto | 2005-10-16 23:16 | 映像

パキスタン・インド北部地震

少しお休みをいただいて出掛けた安曇野の森の中で聞いたパキスタン・インド北部地震!
家に帰ってから、たまった新聞を読みました。
きのうのニュースでは、死者2万4千人、家を失った人250万人。
まだ、瓦礫の下に埋まったままの人々・・・助け出すことのできない苦しみは、この瞬間も続いている。
同じ8日の誌面に、メキシコ方面でもハリケーン豪雨により村が埋没、生き埋め1400人というニュースも目に入る。
大津波による巨額の援助資金の拠出の後だけに、「国際社会の援助疲れ」という言葉も・・・
でも、まだまだ、これで終わるはずが無いと思うし、それは、この日本でも、免れ得ないと・・・思っているのは、私だけではないと思う。
1分1秒でも早く、助けを求める人々が、同時に何万と出現する。
このことに今、私たちは、何ができるだろう?何をすべきだろう?
今地球上に起こっている異常気象、天変地異は、たまたまの地球の気まぐれなんかじゃないよね。
[PR]
by hontou-no-koto | 2005-10-13 01:23 | 日記

はじめまして

もうすぐ、中越地震から、1年が経とうとしています。
1年のうちで、一番美しい秋は、いつも、みじかくて、すぐに冬将軍を連れてきてしまうのですが・・・
去年は、気がつかないうちに、冬がやってきたような気がします。

1年前のことですが、忘れてはいけないと思うことは、たくさんあります。
そのなかのひとつ・・・
余震の恐怖で、家の中に寸時も居られず、二日目の夜を過ごそうと車の中に戻ろうとした時に、ふと頭上を見上げると、なんと満天の星・・・!!
ああ、この地球上で・・・と思ったその次に、脳裏に浮かんだのは、24時間爆撃にさらされた中で眠らなければならないイラクの人々の恐怖でした。
その時、私の恐怖は、恐怖ではなくなったのでした。

どんな大義名分が有っても、戦争は、残虐行為そのものだということを、わたしたちは、最近はイラクによって、そして過去には、私たちの国が起こした戦争によって、知ることが出来ます。
この地球上で起こった「事実」は「事実」として変わりようが無く、取り返しのつかないことですが・・・わたしたちの「認識」の違いは、あまりにもさまざまです。

「無知」と「わかったつもり」は、また、とんでもない「事実」を生み出すのではないか?
わたしは、ほんとうのことを知りたい。
そして、同じこころざしを持つ仲間たちとめぐり合いたいと願っています。

「ほんとうのことを知りたい」サイトは・・・
平和を考えることに繋がる事であればなんでもけっこう、学習会、講演会、映画、コンサートその他どうぞ、お知らせください。
カレンダー形式にして、利用していただける情報公開の場にしたいと思っています。
いちばんの利用者は、もちろん、わたしですね(^^)

もうすこし、お待ちください。
[PR]
by hontou-no-koto | 2005-10-05 00:30 | 日記


「ほんとうのこと」サイト管理人のつぶやきblogです。


by hontou-no-koto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

カテゴリ

全体
日記
映像
音楽
せいじ
環境
原発
未分類

以前の記事

2014年 12月
2014年 01月
2013年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

フォロー中のブログ

リンク

最新のトラックバック

ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
阿賀に生きる
from 映画とライトノベルな日常自販機
グルジアにひそむアイヌや..
from 罵愚と話そう「日本からの発言」
統合医療を考える。
from 統合医療を考える。
介護福祉士・ホームヘルパ..
from 介護福祉士・ホームヘルパーの..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧