<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

司法権 つづき

工藤弁護士は、「ユデガエル」をご存知ですよね?とおっしゃいました。

私はやったことありませんが(と前置きして)、ビーカーに水と蛙を入れ、アルコールランプで熱すると、蛙は飛び出さないまま茹で上がってしまう。
ところが、蛙を熱湯の入ったビーカーに入れると、すぐに飛び出すのですよ。
あるドイツ人の牧師さんの言葉です。
~中略~
ナチスが共産党を弾圧した時、私は何もしなかった。
だって、私は共産党員じゃないから。
ナチスがユダヤ人を迫害し始めた時、私は何もしなかった。
だって、私はユダヤ人じゃないから。
ナチスが教会を弾圧し始めた時、私は抗議しようと思った。
だって、私は牧師だから。
でも、私以外の誰も抗議する人はいなかった。
時機を逸するとその時はもう、何もできなくなってしまうということですよ。


先日シネウィンドに行った時、ドイツ映画「白バラの祈り」のチラシを手にしました。
ナチスに対する抗議文を撒いた21歳の女子学生が、国家反逆罪で逮捕後5日で死刑になったという史実に基づく映画でした。
「白バラ会」が今もあり、人々に理解されているということ。
この映画が現在のドイツで作られたということ。
ベルリン国際映画祭で三つの賞をとり高い評価を得たということ。
日本で、これに類することがひとつでもあるでしょうか?

国際的な恐慌の波が押し寄せ、人々の不安感が蔓延する中、「普通選挙」と抱き合わせに「治安維持法」が成立した時代が、なんとなく、今に似ているのですよ・・・

「共謀罪はもしかして、「治安維持法」に似ている?
「選挙年齢の引き下げ」は、「徴兵制」をにらんで抱き合わせになる?

国会では、耐震偽装事件喚問騒動やら、民主党議員のメール騒動やらのお蔭で、ちゃくちゃくと国民にとって大切な議題がろくに論議も行われぬままいつしか決められていっているのではないでしょうか?
民主党またもや自滅・・・二大政党は遠のくばかり(--;
アメリカ軍移転及び新設計画に関わる日本の経費負担はいったいどうなったんでしょうね?
聞いた所がいいだけの「障害者自立法案が、実は経費削減の為の「自立阻害法案」であることを自民党の議員は知っていて成立させたのですよね。
そしてこの罪は誰にも咎められることが無いのですね。
今まだ、憲法の力がまだ有るうちに、私たちがすべきことを、無い頭で考えましょう。

e0090584_035152.jpg

[PR]
by hontou-no-koto | 2006-02-28 23:05 | せいじ

司法権

今日は、工藤和雄弁護士(新潟県9条の会の呼びかけ人)の話を聴きました。
会場でいただいた自民党の改憲案を読みますと、「第九条の二項」陸海空軍その他の戦力と国の交戦権の放棄が削除され、これに替わって自衛軍の国際的な活動を可能にする文言を入れて、戦争を肯定していました。
今日の話の中で、覚えておきたい言葉をここに書いておきます。
但し正確ではありません。私の脚色付き(^^;

人は誰でも幸せになりたいと思うと思いますが、「平和」を望まない人々がこの世にはいるのですね。
軍需産業と彼らに支えられた政治家(ブッシュ大統領のように)がそうです。
戦争で人が死ぬのは、やむおえないないことだと人はよくいいますが、戦争で殺しあうどちらにも家族や愛する人たちがいます。
殺された側、武力で抑えられた側には必ず憎しみが生まれます。
軍隊という武力を使う解決の仕方は、必ずうらみをかう解決の仕方です。
武力が紛争解決とならないことは、世界中で現在進行中の戦争をみてもすでに証明されています。
そして、すでに、1999年のハーグの国際法廷において「国際平和樹立の為には、日本の憲法九条を世界のすべての国が持とう」と言われているのです。
高い知性と文化を持っている国ならば、武力を使わない努力をすべきです。
今、わざわざそれを捨てるということは、日本はそうとう低い知性・・・といわねばなりません(--;


憎しみの増殖は、武器商人にとって欠くべからざる条件。
商売繁盛ということになりますわね(--;
先日の「横浜裁判判決」も、中国残留婦人問題の判決も、難民に残酷ともいえる強制送還命令を下せるのも、この60年間、裁判所が違憲の監視人としての役割を果たさず弱者に冷たかったのも、何故なのですか?とおたずね致しましたら・・・
敗戦によって、GHQは、戦犯を裁判にかけたり、軍閥を解体したりしたが、「裁判所」に関しては、なにもしなかったのです
だから裁判官は辞めさせられることもなく、戦前と変わっていないのです。
体質も変わってません。
今もそれがめんめんと続いているのです。
彼らは役人ですからね、出世に関わることは致しませんよ。
もしするとしたら、左遷されるか、辞めるかを覚悟のうえでしょう。
今の最高裁判事の名前を知っていますか?・・・ (私も含めて誰も答えられないーー;)
国民にとって裁判所なんてその程度のものです。
小泉首相のように、いつもテレビに出るわけでもない。
私が新潟水俣病弁護団の副団長をしていた時の担当裁判官が、彼ですよ。
その時、彼は何も、全く何もしなかった。
その後、彼が最高裁判事になったと聞いて、何もしなかった理由がわかりました。
そういうものですよ。


ショック(@@;・・・どうりで

e0090584_18783.jpg

[PR]
by hontou-no-koto | 2006-02-26 22:46 | せいじ

「小林茂監督・受賞を祝う会」

会場には150人余が小林茂監督をお祝いするために集まりました。
ほんとうに温かいパーティでした。
高校生時代の仲間たち&恩師&奥様に囲まれた小林さんは、砲丸投げに青春を燃やしていた頃?の若々しい青年の姿と重なって見えました(^▽^)
ええ、会場で一番「情熱的な人」が小林茂監督だったような気がします。
そして、繊細な一面を代弁してくれたのが、森長岡市長だった(^^;
6月からアフリカのケニヤでカメラをまわされるとか。
どんな映像を持って帰られるのでしょうか、今からとても楽しみです。
e0090584_23315579.jpg


小林監督が、アフリカウガンダのエイズ孤児たちを取材した写真集「トゥスビラ・希望ーウガンダに生まれたこどもたち」を出版されてから、10年がたちました。
当時小林監督とアフリカに同行した松下輝美さんは、現在ケニアの首都ナイロビでNGOモヨ・チルドレンセンターを立ち上げ、『空腹を忘れるために』シンナーを吸い、ストリートで生きるしかない子どもたちの支援活動をしています。
彼女の「子どもたちの『今』をとってほしい」という願いが有りました。
そして、彼らの貧困と飢餓に日本も加担しているのだということを、小林監督は2005年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で上映された「ダーウィンの悪夢」という映画で知、ショックを受けたといいます。(ビクトリア湖で人々の生活を支えてきた在来魚が、湖に放流された巨大外来魚に食べつくされ、その巨大外来魚は、欧米資本の水産工場から「白身魚」として欧米や日本に輸出されている)
『今』のこどもたちの日常、家族、友だち、仕事などにカメラを向けてみたい。アフリカにいると、からだの奥にひそむ生命の躍動を感じます。『今』の自分が感じる「命の輝きを」を表現した映画の完成を夢見ています。(by 小林茂監督)

今回の渡航費用からすべて自費で製作を予定していますが、新しい映画の題名は「空腹を忘れるために」(仮題)だそうです。

~映画製作資金カンパを受け付けています~


ダーウィンの悪夢」が3月5日22時10分~24時「NHK 世界のドキュメント」で放送されます!
是非観ましょう(@@)
[PR]
by hontou-no-koto | 2006-02-22 23:27 | 映像

防災

まるごとのみ込まれた小学校。家屋の跡形すら見つけられない集落――。17日午前、大規模な地滑りに襲われたフィリピン中部レイテ島の南レイテ州では、1000人以上が生き埋めになった可能性が強まってきた。豪雨による地盤のゆるみに加え、山林の違法伐採で、大量の土砂が一気に流れ込んだとの指摘が出ている。


またもや大災害発生・・・
世界中で、起こりつつある、気象異常。
おりしも、NHk特集で「異常気象」を二夜連続でやっていた。
2/18 (土) NHKスペシャル 二夜連続シリーズ
気候大異変 第1回 異常気象 地球シミュレータの警告
2/19 (日) NHKスペシャル 二夜連続シリーズ
気候大異変 第2回 環境の崩壊が止まらない


「防衛」より、「防災」にお金と人を使うべき時だと思う。
[PR]
by hontou-no-koto | 2006-02-19 00:55 | せいじ

「小林茂 企画展」 その2

今日は一日会場に詰めていました。
来場くださったみなさん、1枚1枚写真を丁寧にじ~っと見つめてくださっています。
パネルの下の解説もしっかり目を通して、「いいねぇ、そのとおりだなぁ」と言ってくださる(^^)
写真集には無い、小林茂さんの言葉がひとつひとつ添えられています。
今回は、10年前のウガンダの写真が中心に展示されていますが、その圧倒的な色彩、被写体となる人々の生々しいまなざし!(@@)
大きなパネルに切り取られた瞬間と対峙する「時間」が与えてくれる感動は、展示会ならではの醍醐味なのだと、改めて認識しました。
私たちが生活しているこの時と同時にあちらでも時間は流れている、空も空気も繋がっているはずなのに何かが違っている、そして、何かは同じ。
小林茂さんの写真たちは、私たちが地球という星に住んでいることを、気づかせてくれます。
会場中央には、「さおり織り」の美しい作品と、「プスプス」の可愛い子どもたちの作品たちが、暖かい空間を醸し出しています。

小林茂さんがカメラを手にしたころの初々しいショットもおまけに公開~ヾ(^^)
e0090584_2213590.jpg

作者と作品~☆→
e0090584_22183538.jpg

明日は、2月18日から2月26日まで開催中の「第16回にいがた国際映画祭」に行ってまいります。
明日は、イラクバクダットで、2005年に撮影された「露出不足」をはじめ、シリアの作品3本!がその後に続きます。
スパイスの効いたギリシャ料理がふんだんに登場するギリシャ映画「タッチ・オブ・スパイス」も見たいのだけど、別会場同時上映じゃあ分身の術を持たない私はあきらめるしかないわね~(><)
[PR]
by hontou-no-koto | 2006-02-18 22:54 | 映像

「小林茂 企画展」

明日から始まる「小林茂写真展」 ↓ 会場作り完了~v(^^)v
素晴らしい空間です。
生きる!命の輝きがここに有る。

ここに来られた人は、ラッキーですよ~
e0090584_21215263.jpg

[PR]
by hontou-no-koto | 2006-02-16 23:06 | 映像

棄民

2月16日の朝刊の一面は
イラク陸自来月撤退 5月末までに完了 空自は残留」だった。

今まで治安維持にあたっていたイギリス軍などと同時撤退の時期をのがすと、自衛隊から死者を出しかねないということらしい。
自衛隊派遣継続を期待するアメリカ側に対して、先月訪米した額賀防衛庁長官が「法的に困難」と拒否したとか・・・
法的とは、憲法9条のことですかね~(ー。ー)
只今、自衛隊員を米軍訓練所で訓練中なので、憲法変えるまで待ってくれということか?
1月11日額賀防衛庁長官は訪英中のロンドンで記者会見し、07年度から米国製の無人偵察機を導入し配備する方針を明らかにした。06年からミサイル防衛(MD)が始まるのに合わせ、赤外線センサーを搭載した無人偵察機で、北朝鮮の弾道ミサイルの動きを監視する方針だ。防衛庁は国産機の開発を進めていたが、自主開発に10年程度かかるとされ、MDや離島防衛などのため、早期の配備が必要と米機の導入に踏み切った。

自衛隊と米軍の一体化は、事実上大手を振って進行中でだという。
もはや、日本に無いのは核兵器のみということに?


そして、同じこの日の新聞「暮らし」面には、
自立支援 国は怠慢  中国残留婦人と孤児賠償請求は棄却」東京地裁判決

敗戦後の中国残留婦人に対する「国としての早期帰国義務」と「帰国者の早期自立義務」を怠ったか否かが争点でした。
判決は・・・国には、いずれについても、法的義務を認められない・・・(==:

旧満州(中国東北部)などに取り残された日本人のうち、政府はおおむね13歳未満を残留孤児、それ以外は残留婦人等と規定している。残留婦人は自分の意思で残留したとみなされ、以前は定着促進センターでの日本語教育を受けられなかったり、配偶者の帰国費用が認められなかったりした。日中間のトラブルがある間は、調査もせずに、未帰還者の過半数を戦時死亡宣告し、終戦時に13歳以上のものは、自ら残留を希望したとみなし支援を打ち切る。自分で身元引受人を見つけた場合に限り、自費での帰国を認める。中国籍を持つ者は、外国人扱いをしてきた。(by 毎日新聞)


先日、NHKで放映された、残留孤児と養父母のドキュメンタリーでも、日本に帰国した残留孤児の渡航費用の国費負担は1回のみ。養父母に会うために中国に戻り日本にいない期間は生活保護費をカットされていた。
ようするに、国策で送り込まれ遺棄された人間は、黙って死んでくれ、日本に帰ってくるなということだ。
日本に帰ってきても、即GNPに貢献せず生産性の低い人間は手がかかって面倒くさいから、関わりたくないということかもしれない。
これほど、「礼」も「義」も「仁」もなく、冷酷な仕打ちができるこの国の仕組みはいったいどうなっているのだろうか?
国が弱い者いじめをしている。

来年度予算で社会保障費は、3,000億円の減額になるらしい。
ちなみに、自衛隊イラク派遣費用は(派遣準備を含め陸海空の03年末から06年3月まで))735億円!(73,500,000,000円)
名護市の基地埋め立て費用だけで3,300億円(3,300,000,000,000円)
ちなみに軍人恩給は1兆660億円(1,066,000,000,000円)
それを含めた軍事費は6兆1千億円(6,100,000,000,000円)
↑の無人偵察機1機あたりの費用はプレデターが約14億~18億円、グローバルホークが約64億円の見通し。
そうだ防衛施設庁談合事件
による、国費の損失は?
アメリカ軍海兵隊のグアム移転費用7050億円の要求は?
大型工事受注で甘い汁を吸おうとしている外務官僚にとって、誰がお金を払おうとかまわないのだろう。


軍事費こそ生産性ゼロではないか!!
日本は自ら魔物に取り付かれようとしているのか(@@;
日本人には、「智」も無いのね・・・

e0090584_2154852.jpg


国民の命と財布を、任せてはいけない人に、私たちは任せているのだと、またしても実感する今日この頃であります・・・(--;

毎日新聞による「イラクに展開する主な派遣部隊」
北西部 アメリカ  138,000人
    韓国      3,100人
    グルジア      850人
中南部 ポーランド     900人
    ルーマニア     750人
    ブルガリア     150人
    ウクライナ      50人
南東部 イギリス    8,000人
    イタリア    2,600人
    日本        600人(陸自)
    オーストラリア   450人

[PR]
by hontou-no-koto | 2006-02-16 22:01 | せいじ

長岡式酵素玄米

今日から「長岡式酵素玄米」をいただきます。
e0090584_0102931.jpg


これは、去年の10月安曇野で、出会ったそれはそれは美味しいご飯です~♪
一時間圧力鍋で炊き上げて、醗酵してやわらかくなった4日目から食べ始めます。
噛めば玄米の深い味わいを楽しむことが出来ますが、やわらかいので赤ちゃんでもOK。
糠床や味噌や醤油のように腐ることが無いそうです。
大きなジャーの中で保温しておくので、いつでも、ほかほかの酵素玄米を食べれます(^^)

ちなみに、「長岡式」というのは、考案者長岡勝弥氏の名前が由来。

2升も入る大きなジャーの置き所が悩みの種でしたのに、滋賀でお百姓さんをしていらっしゃるこの方の台所には、なんとジャーが4台ヾ(@@;アグリなかいさんのHPへトラックバックさせて頂きました。

e0090584_010478.jpg
[PR]
by hontou-no-koto | 2006-02-15 23:45 | 日記

日本人の「意識」のはなし

きのうは、新潟県弁護士会の主催で、香山リカさん(精神科医・帝塚山学院大学人間化学部教授) × 山元一さん(東北大学法学部教授)シンポジウムに行ってきました。
印象に残ったことは、精神科医を交えた切り込みらしい「意識」に関わるはなしでした。
私的に大幅にアレンジしてしまいますが・・・

今の「憲法」の中の言葉「自由」「平等」などなどが、とにもかくにも、私たちの戦後の「言葉」→「意識」を確実に変えてきたのではないか。
例えば、皇室で娘(清子さま)の披露宴に両親(天皇皇后)が臨席され、新居に訪問して鍋を囲んだなどという話題が、不自然さもなく巷で話題になるということなど、戦前には考えられないことだった。しかし・・・欧米人の中で「共同体論」は住民同士のつながり町おこし的なものをイメージさせるのに対して、日本人の意識の中では「共同体=国家」のイメージに変換されてしまう。その意識の中では、「個人」の権利追求」が「エゴイズム」に変換され、国家への「義務」が強制される(自民党新憲法草案のごとく)。
自民党は、発足当時から党の目標が天皇制復古への憲法改正であって、いまや、不況災害テロ不祥事等々大きな不安の構図の中で、憲法を変えれば何もかもリセット(ゲームのように)するかもしれないムードを煽り立てている。(by 山元氏)


確かに「改革」という言葉で、あれだけ国民をあやつれた実績がある(--;)
それを受けて香山さんの言葉で、面白いのが・・・

精神科を受診する患者さんを診ていて思うことは、「調子が悪い時は、大きな事を決断してはいけない」ということです。離婚とか、結婚とかね。絶対いいことが無い。かえって悪くなるのね。(by香山氏)

・・・というところで、1億3千万人の我々国民が、自分で墓穴を掘ろうとしているのかもしれないなんて笑えないよ~(==;)

気になったことは・・・おふたりとも大学の学生を相手にされているわけで、今の大学生の反応は?の会場からの質問に対する答えです。
自分だけが突出しないように周りを気にして発言するあるいはしない。言葉が出てこない。言葉を飲み込んでいる感じ。

・・・だというのです。
もしかして、バーチャルの世界に埋没していて、現実がわからない?自分の中に「実感」が無い?イメージがわかない?
だから自分の言葉を持つことができないのでしょうか?
それとも、言ってもいいのか迷っているの?なぜ?
発言することによって自分がどう見られるかがこわいとか?
わかんな~い、っていうほうが可愛いとか?
でも、改革って言葉は、好きなの?
好き、嫌い、はいいけど、自分で何かを判断することって・・・できれば避けたいとか?

あの~ついでだから私、言っちゃいますけど、嫌いなんです。
相手に対する質問でもないのに語尾を上げる言い方!
自信がないなら、別の言い方があるでしょと言いたくなるのです。
更にその言い方をしつこく繰り返す傾向がみなさんお有りなようで・・・
視線が泳いでいる場合は、現在進行形の自己確認中で、視線がこちらを向いている場合は、同意或はこちらの確認を要求しているように思われます(@@;
あれにも似ていませんか?
「○○○なくな~い?」これも語尾を上げて、同意を求めるという・・・否定形に似ていて一時面食らいましたが、なんだか似ている。雰囲気でしょうか?

今日のシンポジストのみなさまのおはなしは、すっきりと気持ちよく、時間が足らないくらいでした。
いや、話が飛んでしまって申し訳ない(^^;e0090584_1142553.jpg
[PR]
by hontou-no-koto | 2006-02-13 23:53 | せいじ

わたしの季節 ③

《小林茂監督 企画展》 のお知らせ

小林茂写真展』・・・薬害スモンを追った「ドキュメント・スモン」エイズ孤児の「ウガンダに生まれた子どもたち」など小林茂の軌跡をたどる。
第二びわこ学園写真展』・・・「わたしの季節」の舞台である第二びわこ学園で取り組んでいる年度。25年間にわたり担当してきた田中敬三さん撮影。
造形プスプス作品展』・・・月2回親子で造形遊びを楽しんでいます。車椅子の子、怒りっぽい子、のんびりさんに元気な母さん等、個性ある仲間の楽しい作品展です。
 
 ※三展同時開催

2月17~19日 10時~19時(最終日は17時まで)
長岡商工会議所 1階美術文化ホール
入場無料

問合せ 平日昼 長岡商工会議所 0258-32-4500
月・金の夜 長岡市民映画館を作る会 0258-33-1231

e0090584_212721.gif


写真は、小林茂 写真集「トゥスビラ 希望―ウガンダに生まれた子供たち」(情報センター出版局)より。長い内戦とエイズ禍により、荒廃した国ウガンダ。街で暮らすストリートチルドレンと生活をともにしながら、こどもたちのいきいきとした表情と生命力を写すフォトドキュメント。


《小林茂監督 受賞を祝う会》 もあります(^^)

このたび長岡市在住の映画監督、小林茂さんの作品「わたしの季節」が
第59回毎日映画コンクール記録文化映画賞
第3回文化庁映画賞文化記録映画大賞
第22回山路ふみ子映画賞福祉賞
の各賞を受賞されたことを記念してお祝い会を開催します。
映像のみならず、文化・福祉等様々な活動に貢献している小林監督の今後の益々のご活躍を応援したいと思います。
是非この機会にこぞってご参加ください。


2月22日 午後6時受付 6:30開会
長岡商工会議所 2階大ホール(新潟県長岡市坂之上町2-1-1)
会費 5,000円
申し込み 長岡商工会議所 0258-32-4500e0090584_2302527.jpg
[PR]
by hontou-no-koto | 2006-02-10 01:41 | 映像


「ほんとうのこと」サイト管理人のつぶやきblogです。


by hontou-no-koto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日記
映像
音楽
せいじ
環境
原発
未分類

以前の記事

2014年 12月
2014年 01月
2013年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

フォロー中のブログ

リンク

最新のトラックバック

ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
阿賀に生きる
from 映画とライトノベルな日常自販機
グルジアにひそむアイヌや..
from 罵愚と話そう「日本からの発言」
統合医療を考える。
from 統合医療を考える。
介護福祉士・ホームヘルパ..
from 介護福祉士・ホームヘルパーの..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧