<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

心からおわび・・・?

e0090584_15165280.jpg


福田康夫首相は25日夕、首相官邸で薬害C型肝炎訴訟の原告団代表4人、弁護士2人と約30分間面談した。首相は「皆様方に長年にわたり、心身共に大変なご苦労をおかけした。この場を借りて、心からおわび申し上げる」と頭を下げながら謝罪した。

つい数日前には、「会うにはそれなりの理由が必要ですから」と原告団の面会を拒否していた福田さん。
何を「心からおわび」しているのかな?
福田さんの心ってぇ、どこに有るのかなぁ?

「日本もですね、世界の経済の2番目の国であり、海外に依存する度合いの強い国ですからね、やっぱり国際社会にどういう協力をするかということは常々考えてなきゃいけないわけですね」
国会延長31日間!
自衛隊海外派遣の為には、何億円かかろうと惜しまない自民党。
傍若無人な強行採決を繰り返しててきた自民党にとっては、「ねじれ国会」でも
ほんとうは、ようやく国民の願いを無視できない「国会」になっただけのことじゃない。
で、また強行採決したいわけですね「補給支援特別措置法案」
こういう時は「憲法に従って」って。

e0090584_15482650.jpg

[PR]
by hontou-no-koto | 2007-12-26 14:35 | せいじ

天然ガス

e0090584_1416115.jpg


え~とお、長岡には、天然ガスのタンクもありますしぃ
こんなふうに、道路の横で燃えてたりするんですよぉ

あれぇ、もったいない、芋焼けるんじゃないかしらなんて思ったりするんですけどぉ

山がいっぱい有りますからぁ水落としてますしぃ
原発で作る電気は、全く使っておりませんのね

あっちの山の向こうは、冬でも毎日おてんとうさまが照っているんですってねぇ
いいなあ
太陽光発電っての?
やれるもんならやりたいなあ

え、CO2?
あ~ねぇ
だから原発?
なんで・・・原発?
私たち、いらないんですけどぉ
原発が作るのは電気だけじゃあないですよぉ
生命を破壊する大魔神だってこと忘れてません?

海端の方は、風さんがすごい勢いで吹いてますからね
ほんとうは、原発なんかより、風力発電の方がお似合いなんですよぅ

                                      by ススキ
[PR]
by hontou-no-koto | 2007-12-26 14:26 | 環境

ひとはだれでも 見えない力が 必要だったりしてるから・・・

e0090584_13551274.jpg


悲しい時に 浮かぶのは
いつでも君の 顔だったよ
悲しい時に 笑うのは
いつでも君の ことだったよ

人はいつでも 見えない力が
必要だったり してるから
悲しい夜を 見かけたら
君のことを 思い出すのさ

窓の 外には 光る 星空
君は見えない魔法をかけた
僕の見えない所で投げた
そんな 気がしたよ

素敵な君はBaby
いかれた僕のBaby
夜のスキマにKiss投げてよ
月夜の晩のBaby
いかれた君はBaby

素敵な君はBaby
いかれた僕のBaby
夜のスキマにKiss投げてよ
ゆううつな時もBaby
いかれた君はBaby

悲しい時に 浮かぶのは
いつでも君の 顔だったよ
悲しい時に 笑うのは
いつでも君の ことだったよ

    「いかれたbaby」  byFishmans 佐藤伸治


11月20日の「YAMAZAKI MASAYOSHI COVER HALL TOUR 2007」で聴いて以来
もっぱらエンドレス状態で聴いている曲です。

ず~っと、「見えない力」のことを考えているような気がします。
[PR]
by hontou-no-koto | 2007-12-25 23:15 | 音楽

おとなにも必要な・・・想像力

e0090584_1262052.jpg


朝の通勤移動中、NHKラジオ放送でとても素敵なひとの存在を知りました。

その人の名前は、平(たいら)常(じょう)
さっそくホームページを見つけました。
こういう時のインターネットは、ほんとうに助けになります(^。^)

番組の中では、彼のライブ音源「星の王子様」がたっぷりと聴けました。
ひとりで何役もこなす人形芝居だそうですが、なんとR15指定です(@@;
大人にも必要な人形劇!

こどもだからこそ出来る想像力、そして大人になったからこそ出来る想像力・・・
そんな表現をアナウンサーの方はしていらしたような気がします。
子どもは、お金を持っていないから、まず大人がいいものを見て、それをこどもに見せたいと思って欲しいということでもあるらしい。
来年は、1~2歳対象の人形劇を企画している模様。
1~2歳児ですよ!
聞いた事ないですよ~ヾ(@▽@;

先日、お誘いを受けて、劇団うりんこのお芝居「だってだってのおばあさん」を観てきました。
長岡おやこ劇場の幼児・小学生例会でしたので、会場は、小さな子ども達でいっぱい!
子ども達の目の前の平らな空間はやがて、おちゃめな男の子の子猫と、99歳になるおばあちゃんが住んでいるおうちになりました。
冷たい風、白い雪が降り積もる冬が来て、やがて蝶が舞う春になり、こどもたちの目の前には、魚が泳ぐ川があらわれました。

あれから、何日も経つのに、思い出します。
暖炉の前で、編み物をするおばあちゃんとちょっかいを出す子猫くんのこと。
二人(一匹とひとり)がどんなにお互いを大切に思っているかということ。
何かが出来るとか、出来ないとかっていうことじゃないってこと。
ひとの声の素晴らしさ!


こんな風にお芝居から、やさしさや、人生のことを学んでそして生かせることって、ほんとうにおとなにも、もちろんこどもにも、必要なんだって思います。

そして・・・あまりにもバーチャルな世界が氾濫し、慣れすぎたことに、気づいたのでした。
もしかして私たちは、大切なことを、見失い始めているのかもしれません。
[PR]
by hontou-no-koto | 2007-12-23 00:41 | 日記

人命がお金ではかれますかってことですよ・・・by石破防衛相

e0090584_222276.jpg


「抑止力がお金ではかれますか?人命がお金ではかれますかってことですよね」って・・・

よくも言ってくれましたね石破茂防衛相。
防衛省なんて辞めて、是非厚生労働省に行って、同じ言葉を言ってくださいよ。
人命をお金ではかって線引きしようとしている厚生労働省に、
「人命がお金ではかれますか?」って。

そして、逮捕された守屋なんとかいうひとが高額で契約したミサイル防衛(MD)システムに使う1兆円(今後膨れ上がる予定の)を回してくださいよ。

国民医療費の無料化に!

大丈夫!
お金を使わない「抑止力」こそ、政治家の腕のみせどころじゃないですか(@▽@)
あれ?その才能が無いから、再軍備に走るってこと?

アメリカ目指して飛んでいく核爆弾を日本の頭上で爆破させるって・・・
(@д@;


下の記事で、どう読んだって、
日本国民にとって良いことなんてひとつも無いんですけどヾ(==;ヾ



          ↓

防衛省は米ハワイ沖で17日正午(日本時間18日午前7時)過ぎ、海上自衛隊のイージス艦「こんごう」に搭載した海上配備型迎撃ミサイル(SM3)の発射実験を実施し、標的の模擬中距離弾道ミサイルの迎撃に成功した。米国以外の国によるSM3の発射実験は初めて。こんごうは来月上旬、長崎県佐世保市の海自佐世保基地に実戦配備される。

 日本では、地上配備型迎撃ミサイル(PAC3)も含め、ミサイル防衛(MD)システムで初の迎撃ミサイル発射実験。米国では02年からSM3実験を13回実施し、2回迎撃に失敗している。

 政府は昨年7月の北朝鮮による弾道ミサイル発射実験や同年10月の核実験を受け、来年3月に予定していたこんごうの実戦配備を2カ月前倒しした。PAC3は今年3月から配備を始めており、日本のミサイル防衛(MD)システムが本格的に稼働する。防衛省は、12年度までに8000億~1兆円の整備費用を見込むが、倍増する可能性も指摘されている。
 周辺国がミサイルを発射直後は標的が日本なのか分からない可能性があるが、集団的自衛権の行使に関する憲法上の課題も残されている。

(12月18日10時56分配信 毎日新聞)

MDの技術や運用は、米国に多くを依存する。今回使用するSM3は米国製。地上配備型のPAC3は三菱重工業がライセンス生産する。弾道ミサイルの発射探知は、米国の早期警戒衛星。装備も情報も米国に頼る。

 日米両国は、14年度完成を目指し、次世代型SM3の共同開発も進める。改良を進めれば、多額の予算を投じた現在の兵器が近い将来、使いものにならなくなる可能性もある。
 防衛省は、当面の整備費用として12年度までに8000億~1兆円を見込むが、予算が倍増する可能性も指摘される。弾道ミサイルの技術向上も確実なため、永遠にいたちごっこが続きそうだ。「核や生物兵器を搭載した弾道ミサイルを爆破すれば、住民が被害を受ける」と、今夏の自民党の国防部会では、そもそもの有効性に疑問の声すら出た。
日本は北朝鮮の弾道ミサイルを最大の脅威に据えるが、米国は、米本土を射程に入れる潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発を進める中国の動きもにらむ。

 給油活動中断などで日米関係がギクシャクする中、日本のMD推進については「強固な同盟を示すシンボル」(国防総省当局者)と「優等生」扱いされている。

 ブッシュ政権が日本の初実験を高く評価する背景には、MDをめぐる「内憂外患」がある。国防予算に厳しい目を向ける民主党は、MD予算に削減圧力をかけ続けている。14日までに上下両院が可決した08会計年度国防予算で、MD関連は、政権の要望より約3億ドル削減され約100億ドル(1兆1000億円)となった。
 08年の大統領選でも、民主党は脅威の対象である北朝鮮やイランとの外交交渉を最優先する考えを強調。共和党でもMD推進を明確な公約に掲げるのはジュリアーニ前ニューヨーク市長ぐらいで、計画自体が先細りの可能性もある。

 米国は、イランに対抗するため、11年までに東欧にMD配備を進める。しかし、米政府は今月3日、イランが03年秋に核兵器開発を停止したとの情報機関の評価を公表。これにより東欧配備に強く反発するロシアとの調整は一段と難しくなる可能性が高まっている。

(毎日新聞 2007年12月17日 東京朝刊)


受けれるように投げた球が、初めてはずさないで受けれたからって・・・
ピンポンや、バトミントンじゃあるまいし、玉は1個とは限らないのよね。
馬鹿馬鹿しいとしか言いようが無い!
抑止力どころか、逆効果間違いなしだわね(==;
それで日本がどうなろうと、アメリカの軍事産業はお喜びでしょうけれども。

?・・・あれですか?日本の防衛省は、アメリカの為にあるってことなのねん?
日本人の顔をしているんで、騙されるだろうって?
[PR]
by hontou-no-koto | 2007-12-19 01:50 | せいじ

デジタルブック

e0090584_23342966.jpg


カントの本を探していて・・・
池内紀さん訳の本を見つけました。
こんなものが有るのにびっくりしています。
「試し読みする」をクリックすると(@@;

う~ん、いいですねぇ
本屋さんに行って立ち読みの気分(^^;

他の本も・・・

韓国の詩人 リュ・シファ
「君がそばにいても、僕は君が恋しい」
蓮池薫 訳


リュ・シファ・・・蓮池さん・・・こんな風に出会えるのも素敵(^^)
リュ・シファのホームページは、幻想的な世界(@@)
ハングル文字はわかりませんが・・・
メニューの右から二番目をクリックすると、星空が。
笛の音に誘われて、山から下りてきた鹿が一頭、聴きほれています。
初めて聴く曲ばかりです。
Shiva Ryu・・・
シバ神のシバですよね。
日本の若きフリージャーナリスト、志葉玲さんを思い出しました。
彼も、本を出したのでした。
e0090584_2593495.jpg
「たたかう!ジャーナリスト宣言」
僕が見た本当の戦争
 社会批評社

[PR]
by hontou-no-koto | 2007-12-16 23:38 | 日記

柏崎刈羽原子力発電のゆくえ

e0090584_2201463.jpg


12月5日の「柏崎刈羽原発は廃炉しかない!」県民集会に行ってきましたが、報告せぬうちに、早10日が過ぎました。

柏崎は、風の街なのですね(@@;
海沿いの街に住んでいる人であれば、きっと日常のことなのでしょうけれど。
冷たい冬の夜の風は、街の通りから、人をさらうように吹き渡っていくのですね。

何故、この街に風力発電でなく、原子力発電だったのでしょう?!

会場の受付には、賛成派によって新聞折込を拒否された集会のチラシ2万枚近くが山積みされていました。
賛成派は、わざわざ長岡まで行って会合をしていると・・・
賛成派、反対派・・・地元の苦しみは、地元でしかわからないことです。
日本政府が、原子力発電でなく、自然を利用した発電に税金を使ってくれたなら、こんな悲しい諍いも生まれることがなかったでしょう。

来年2月27日28日アメリカ機械学会「ASME」とアメリカの電力会社が資金を拠出して運営している大規模な研究機関「EPRI」を招いた会議が、なんと柏崎において(@@;行われることになっているそうです。
「ASME」は、スリーマイルの原発事故以来凍結されていたアメリカ原発業界の起爆剤(再スタートとなる基準)を作り上げた組織らしい(--;
豆腐の上に建っているような柏崎刈羽原発をそれでも、再稼動させるための策略が進んでいることに、唖然とします。
すでに、東京電力は、活断層に関して嘘の調査結果が判明し、県に謝罪しています。
東京電力自身の設置条件さえ満たせないことが判明している傷だらけの原発を何を持って動かそうとするのでしょうか?
あらたなお墨付きを求めて、危険を冒すその先に、彼らは何を求めているのでしょうか?(;。;)

柏崎に近づくにつれ、巨大な鉄塔と太い送電線の数が黒い魔物のように増えていく・・・
これが当たり前と、不感症になって行くとしたら・・・
まるで、熱湯の中のカエルではないか(==;


おやすみなさい柏崎刈羽原発
11月24日の様子です。
[PR]
by hontou-no-koto | 2007-12-16 01:59 | 環境

永遠平和のために  by カント

e0090584_1104261.jpg


平和というのは
すべての敵意が終わった状態を
さしている。

常備軍はいずれ
いっさい廃止されるべきである。

国家は所有物でも財産でもない。
国家はひとつの人間社会であって
みずからで支配し
みずからで運営する。
みずからが幹であり
みずからの根をもっている。

殺したり、殺されたりするための用に
人をあてるのは、人間を単なる
機械あるいは道具として他人(国家)の
手にゆだねることであって
人格にもとづく
人間性の権利と一致しない。

国の軍隊を、共通の敵でもないべつの
国を攻撃するため他の国に貸す
などということはあってはならない。

永久平和は空虚な理念ではなく
われわれに課せられた使命である。
 (池内紀訳)


フランス革命時代に生きたドイツの哲学者 カント が71歳で出版した「永久平和のために」からの抜粋です。

日曜日の毎日新聞の2面を開くと コラム欄「時代の風」が掲載されています。
12月2日は、作家の瀬戸内寂聴 による「カントの平和論」でした。
人間なんて生き物は、時代が変わってもそう変わっちゃいないのですね。
『われわれに課せられた「使命」である』という言葉が、こだまするようです・・・(--)
[PR]
by hontou-no-koto | 2007-12-13 01:10 | 日記

音楽をハシゴする

e0090584_23324068.jpg


12月9日(日)13時スタート!

素敵な企画が有ります!

戴いた案内の裏に、こんな言葉が(^^)

『各会場入り口には、
新潟工科大学学生有志による”灯りのアート”が点灯し、
来場する皆さんを温かく迎えます。
ほんのり照らす足元の灯りは、
復興へと向かう私たちの希望です。
忘れられない一年の締めくくり、
柏崎音市場にたくさんの人たちが集い、
それぞれの元気を取り戻すきっかけになればと願います。
師走のひとときを、
どうかこの灯りを道しるべに音を、街をお楽しみください。』

チケット:全16店共通券 収益金の一部は、義援金に寄付致します。

主催:本町七丁目町内会

企画:かしわざき音楽商店街

お問合せ:音市場事務局 0257-21-3915 (洋琴舎)


詳しくは、こちらからダウンロードしてください。
[PR]
by hontou-no-koto | 2007-12-02 23:42 | 音楽


「ほんとうのこと」サイト管理人のつぶやきblogです。


by hontou-no-koto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
日記
映像
音楽
せいじ
環境
原発
未分類

以前の記事

2014年 12月
2014年 01月
2013年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

フォロー中のブログ

リンク

最新のトラックバック

ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
阿賀に生きる
from 映画とライトノベルな日常自販機
グルジアにひそむアイヌや..
from 罵愚と話そう「日本からの発言」
統合医療を考える。
from 統合医療を考える。
介護福祉士・ホームヘルパ..
from 介護福祉士・ホームヘルパーの..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧