「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する御意見の募集(パブリックコメント)

内閣官房国家戦略室エネルギー・環境会議パブリックコメント
・原発ゼロシナリオ: 2030年までのできるだけ早期に脱原発
・原発15シナリオ: 原発を温存し、使い続けるシナリオ
(被災した原発や地震影響懸念のある原発も動かす。また建替・新増設の可能性残
す)
・原発20-25シナリオ: 原発の新規増設を前提とし、これまで同様に推進する

意見を募集しています。

締め切りは8月12日に迫っています。


詳しい書き方は↓こちらのHPでp(@@)

HP「パブコメで未来を変えよう」
[PR]
# by hontou-no-koto | 2012-08-07 23:56 | せいじ

瓦礫×泉田知事

泉田県知事記者会見の一部抜粋↓とてもわかり易い知事の発言です。
(『柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会』より)
【震災がれきの受け入れについて】2012/04/19

Q 
 がれきの受け入れの件ですが、本県では5市で受け入れを検討するという一方で、県としては慎重姿勢ということで、ねじれのような形になっていると思います。(環境省への)各自治体の回答を受け、細野環境大臣から記者会見の際、「県の方にも理解を求めていく」というような発言があったようなのですが、それについての受け止めをお願いします。

A 知 事
 質問しているわけですから努力してほしいです。回答はなしの礫(つぶて)で、マスコミの前だけで「理解を得るように努力したい」と言ってもダメです。まずはきちんと回答していただかないと。

Q 
 それは質問(事項に明記)の矛盾についての・・・。

A 知 事
 もちろんそうです。そもそも懸念があるわけですし、国が決めた基準で対処したところから基準値超えの(放射性物質を含んだ)排水が出たりしているわけです。なぜこれで安全と言えるのかをきちんと説明してもらわないと。口で言うだけではダメです。(国からの回答を)待っています。

Q 
 三条市や長岡市の市議等が(宮城県女川町のがれき処理場を)視察し、「安全を確認した」というような発言をしているようですが、これについての受け止めをお願いします。

A 知 事
 これは空間放射線と食品汚染との関係をよく理解されていないのでないかと思います。それから外部被ばくと内部被ばくを理解されているのかどうか。さらにシーベルトとベクレルとの関係をご理解されているのか、大いに疑問が残ると思っています。結局、今、懸念を申し上げているのは、放射能が濃縮されたときの焼却灰は水溶性で、内部被ばく若しくは長期低線量被ばくに対してどういう影響を与えるかということについては国際的にも合意がないのです。ですから、(放射能に)しきい値はないので、なるべく放射能は下げるべきということになっている中で、空間放射線量を測るのは、例えば排水に溶けて環境中に出てしまうことを心配しているのであって、「空間放射線量を測ったから安全です」というのは、少し(放射能に対する)知識の部分に問題があるのではないかと。逆に「これで安全」というような形で市民に説明されるのであれば、市民が少し可哀想ではないかな、と感じました。
Q 
 がれきの受け入れの問題で、5市のうち住民説明会を開催しているところもありますが、住民からは反発があったりしているようです。知事としては、説明会を行ったからよしとするのか、それとも住民の同意をしっかりと取るべきなのか、どのように考えますか。

A 知 事
 今、5市が表明しているやり方は、懸念、リスクがあると言わざるを得ないと思います。ですから反発が出ているのだと思っています。(説明会の)やり方の問題ではないと思います。要は総量としての放射能をどうするのか、濃縮された焼却灰をどうするのかという部分の解(答え)がなく、他(の一般ゴミ)と薄めて燃やすということでやろうとすれば、やはり反発が出るのではないでしょうか。これはどういったやり方をしても仕方がないと思います。

(国の汚泥等に係る最終処分場の建設方針について)

Q 
 国の方で、栃木県に8,000ベクレルを超える汚泥等の最終処分場の建設を求めているようです。他県に対しても(汚泥等の受け入れ)を求めていくようですが、本県にも、まだ汚泥等がかなり溜まっていると思いますが、これについては・・・。

A 知 事
 これについては国が基本的な方針を示すべきなのではないでしょうか。8,000ベクレルを超えるということはかなりの濃度ですが、空間放射線量で測れば、それこそ先ほどの話ではないですが、「たいしたことはない」というようになるかもしれません。しかし、そういう問題ではなく、汚泥や焼却灰は環境中に出て食品に入ってくる等、体内に取り込むというところが心配なわけで、そこ(の認識)を間違ってはいけないと思います。どこまでのものを低レベル放射性廃棄物としてしっかりと管理するのか、さらに高レベルとして厳重に管理するのかということをやらないといけないわけです。ちなみに原子力発電所内で100ベクレル以上のものが出れば、黄色いドラム缶に入れてしっかりと管理するのです。これが現在の日本のやり方なわけです。それを埋めるということになると、どういった施設を使うのかと。そもそも雨をしのぐために屋根を設けるのかどうか、雨が降るところに8,000ベクレルを超える廃棄物を入れておくのか、水が蒸発するのを待っているのか、それとも流れ出るのを認めるのかどうか、といった辺りが詳しく分からなければ、コメントを求められても判断し難いということです。
 放射能はできるだけ人間社会から隔絶して、一カ所で集中管理することが原則なのです。日本のようにバラバラとばらまいていいということになり、希釈してOKになるのであれば、燃料棒も砕いて海にまけばいいという話になるわけです。そのようなことは国際的に認められないわけで、もっとしっかり放射能管理をすべきだと思います。

[PR]
# by hontou-no-koto | 2012-08-01 23:48 | 原発

野田総理×泉田新潟県知事

理路整然とした泉田知事の文章です↓(報道発表資料より)

原子力発電に関する野田総理の発言に係る知事コメント

2012年06月08日
  本日、野田総理が、大飯原子力発電所について「安全性を確認した」と表明しました。
  現在、福島原発事故はいまだ収束しておらず、事故の検証も進行中であり、換言すれば、意思決定過程や組織のあり方なども含めた事故原因の特定も行われていません。事故原因が特定されなければ、対策を講じることができないことは自明の理であり、専門家である原子力安全委員会も班目委員長が安全を確認していないことを明言しています。
  このような状況下で専門家でもない総理が安全性を確認できるはずもありません。
  実際、「福島を襲ったような地震や津波が起きても事故を起こさない。」と限定付きでの「安全宣言」であり、福島を襲ったものとは異なる直下型の地震等の場合は再び「想定外」という言い訳が通る説明になっています。
  「電源が失われるような事態が起きても炉心損傷に至らないことが確認されている。」との発言についても、現実には、「電源が失われなくても、炉心冷却に失敗すれば、大惨事になる」ということが福島の教訓であることを無視した説明です。
  さらに、政府の安全性の基準は暫定的なものであるとまで説明し、責任回避が可能な内容となっています。
  この他にも指摘しなければならない事項が含まれていますが、新たな安全規制機関も未設置であり、万が一の事態が生じた場合の対策も固まっていない中で、「安全を確認した」と表明することは、新たな「安全神話」を創造することとなり、極めて無責任であります。
  米国NRCでは、爆発や火災によってプラントの重要な部分が失われるようなシビアアクシデントに備えて対応(B.5.b[※])を準備しています。
  国民生活を人質にして、安全を軽視した宣言となっていることは極めて遺憾であります。
※ 米政府の原子力規制委員会(NRC)が9.11テロの翌年に米国内の原発に対し策定命令を出した「原子力施設に対する攻撃の可能性に備えた特別対策」

[PR]
# by hontou-no-koto | 2012-08-01 23:27 | 原発

7月16日 代々木

e0090584_23323442.jpg


福島からやって来ている人たちの姿を見ると、胸に迫るものがありました。

政治を変えなくちゃ!と心の底から思いました。
[PR]
# by hontou-no-koto | 2012-07-17 23:33 | せいじ

7月8日 新潟

e0090584_23525980.jpg



開会式で流れたトランペットの音色は、いきものがかりの「ありがとう」

何故か胸がいっぱいになって涙が出そうでした。
[PR]
# by hontou-no-koto | 2012-07-08 23:33 | せいじ

瓦礫広域処理とは?②

WE LOVE さんじょう
「三条市の震災廃棄物広域処理受け入れについて」

講師:関口鉄夫先生

日 時:5月27日(日)講演17時~19時(開場16時30分より)
場 所:三条総合福祉センター 三条市東本成寺2-1 33-8511
参加費:無料(300名)
駐車場:あり
託児室:完備、要連絡 未来の生活を考える会 阿部

e0090584_0555049.png


他の一般廃棄物と混ぜて燃やせば、薄まるから大丈夫・・・

ほんとうでしょうか?

焼却によって跳ね上がる数値

フィルターを通り抜けて拡散する物質は?

埋め立て処分場の現状は?

処分場から流れ込むであろう(現在進行形の)廃棄物液は?

川は、地下水は、土壌はどうなる?

知っておかなければならないことばかりです(@@)



今、各地に避難した母親たちが、瓦礫の問題で苦悩の日々を過ごしています。

そして、被災地にもどり、放射能とともに暮らすことを強いられている母親たちも、安心と思われる食材を取り寄せ、水も購入し、子どもを守る為に日々苦労されています。

『子どもたちに「さわっちゃダメよ!毒だよ!」と、自然を敵のように言わなければならない~(中略)~震災以降、私たちは心穏やかに過ごすという精神を失ってしまった。』

『どうか、瓦礫の受け入れに反対してください。
真実は後から知っては遅いのです。
私たちの悲しみを無駄にしないで下さい。
失ってから気づくことの多さに私たちは途方に暮れています。
痛み分けなど、私たちは望んでいません。』

わたしたちに出来ることを、被災地の人たちと一緒に、改めて考えてみたい。

安心して食べられる食料の供給や、これ以上放射能拡散を防ぐことや、ほんとうの意味で、手をつなぎ支えていくことが出来たらと思う。
[PR]
# by hontou-no-koto | 2012-05-27 01:09

瓦礫広域処理とは?①

e0090584_23491032.png


広域処理しないとガレキが処理できないというというウソ

ガレキが復興の遅れの原因になっているというウソ

被災地が広域処理を望んでいるというウソ

ガレキが放射能汚染されていないというウソ

何のためのウソでしょうか?

「市内にガレキ処理専門のプラントを作り、何倍ものスピードで処理する計画を県にしたら相談したところ、現行法には煩雑な手続きが有り、許可が出ても建設までに2年かかるという理由で門前払いされた。」(岩手県陸前高田市鳥羽市長)

「現場からは納得できないことが多々ある。瓦礫処理もそうだ。あと、2年で片付けるという政府の公約だというが、無理して早く片付けなくてはいけないんだろうか。山にしておいて、10年かけて片付けたほうが地元に金が落ち雇用も発生する。もともと使っていない土地がいっぱいあり、処理されなくても困らないのに、税金を青天井に使って全国に運び出す必要がどこにあるのか。」(岩手県岩水待ち伊達町長)

「がれきは復興の貴重な財産。護岸工事に使いたいが不足しているので、宮城から運んで生きたいと相談したら、放射線量が不明だから動かせないといったのは官僚だった。」(福島県南相馬市桜井市長)

広告宣伝予算39億円。

被災地から遠くなるほど、高くなる運搬費用。

すでに、東電の子会社(東京臨海サイクルパワー)も参入、140億!

埼玉大手セメントメーカー2社に1社あたり、助成金13億3332万円

広域処理追加予算3800億円!

「絆」「助け合い」の言葉の裏には、国土総合研究機構~全国産業廃棄物連合の大手ゼネコン、セメント会社、配送業者という組織的広域処理の利権スキームの存在がありました。

「原子力ムラ」が「原子力マフィア」と言うべき存在ならば

「廃棄物処理マフィア」も存在していました(@@;
いいんじゃない、景気が良くなればって言う人もいるかもしれないけど

私たちの税金です。

伊丹十三が自死する時に、手がけていた作品はこれだったことを思い出しました。

彼が暴こうとしたのはなんだったのか?

生きて、私たちに見せて欲しかった。

そして、私たちにとっての問題は、このことに留まらないのです(==;

彼ら「原子力マフィア」が甘い汁を吸う代償に、私たちが引き受けることになるというものがいったい何なのか?

それがどういうことになるのかということに私たちは、今!無関心ではいられません。

後を引き継ぐ未来のこどもたちのために。
[PR]
# by hontou-no-koto | 2012-05-26 23:51 | せいじ

WHOとIAEAとニュース

友人から届いた「転送・転載歓迎」メールです。

昨日も、ニュースでWHOとIAEAの名前が・・・
知っていると知らないとでは、ニュースの見方が違うということを、まさに実感したところです(@@;

       ↓

先日お知らせしました記録映画「真実はどこに? ―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って―」が、ユーチューブにアップされましたので、紹介させていただきます。また、上映会とともに講演された医学博士 ミッシェル・フェルネクスさんのさいたま講演と東京講演の中継リンク先もありますので、広めていただきたいと思います。

転送・転載歓迎

=======以下転送======


スイスの医学博士でチェルノブイリの惨禍を25年以上見つめて来たスイスの医学博士ミッシェル・フェルネクスの来日講演が今日で終了し ました。

講演中,上映されたウラディミール・チェルトコフ監督「真実はどこに? ー放射能汚染を巡ってー」は、日本語版制作者であるわたしたち <エコー・エシャンジュ>と日本の市民団体<りんご野>によって、ユーチューブにアップされました。

以下のアドレスです。

http://www.youtube.com/watch?v=oryOrsOy6LI



また、今後、DVDも販売致しますので、以下のメールにお問い合わせいただけたらともいます。

尚、収益は、フェルネクスが創設した<チェルノブイリ/ベラルーシのこどもたち>を通じて、ベルラド研究所の支援の為に寄付されます。

問い合わせ:

echoechanges@wanadoo.fr



またフェルネクスのセミナーと講演が岩上安身さんのサイトにて、一定期間,御覧頂けます。



5月20日さいたま市の肥田瞬太郎氏を囲んだセミナー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/16403



5月23日東京講演

http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6
[PR]
# by hontou-no-koto | 2012-05-26 23:35

しられざる? ‘都市濃縮”

「NHKクローズアップ現代」2011年12月12日(月)放送
知られざる“都市濃縮”

この番組が放送されてから、4ヶ月!

番組では、首都圏の家庭から毎日出されるゴミに含まれる放射性物質が、最新の焼却施設で「焼却」されて100倍に濃縮、高濃度の放射性物質が検出されている実態が紹介されていました。
千葉県柏市の償却場では、防護服に身を包んだ作業員が、ドラム缶に焼却灰を入れるシーン、所狭しと並ぶ放射性物質が詰められたドラム缶が並んでいました。
もう、置き場がなくなり、これ以上ゴミの収集も出来ない状態だと言っていました。
こうした焼却灰の一部は、すでに全国各地の埋め立て処分場に運ばれているというのです。

・・・もともと、埋め立ては、県外頼みが前提の「都市」っていったいなんなのかしら?
トイレの無いマンション?(@@;
遠くはるか離れた県外にどうしようもなく恐ろしいものを造って、そこから、電気だけを長~い電線を使って運んできて使ってる・・・

番組では、↑の焼却灰に対して、国はコンクリートで固めて埋め立てるという方針を自治体に対して示すだけで・・・実際には、そんなことをする予算も技術も無い自治体では、何も進展していないといいます。

この放送から4ヵ月後、「被災地のゴミを自治体で引き受ける」ということが、まるで「被災地支援」であるかのように語られています。

何故、被災地のゴミを県外に運び、焼却して高濃度化する必要があるのか?

放射能汚染の拡散をいったい誰が、何のために、画策しているのでしょうか?

それとも、放射能のゴミも一般ゴミとたいして変わらないと思っているのか?

被災地の人たちにとって、「瓦礫」は単なるゴミではないはず。
放射能に汚染されているいないに関わらず、県外の業者ではなく、被災地の人たちが、主体的に、始めから途中も含めて最後まで関わることが大事だと思う。
[PR]
# by hontou-no-koto | 2012-04-19 23:24

「フクシマのうそ」

菅前首相も登場するドイツの
ドキュメンタリー「フクシマのうそ」
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-546.html

我々は放射能から身を守り、警察から外人と見破られないよう
防護服を着こんだ。
汚染され、破壊した原発が立っているのは立ち入り禁止区域だ。
そこに連れて行ってくれることになっている男性と落ち合った。
なにが本当にそこで起きているか、彼に見せてもらうためだ。
ナカ・ユキテル氏は原子力分野のエンジニア会社の社長で
もう何十年間も原発サイトに出向いて働いてきた。
フクシマでも、だ。
私たちは見破られず、無事チェックポイントを通過した。
作業員たちが作業を終え、原発から戻ってきたところだった。
3月11日に起こったことは、これから日本が遭遇するかもしれぬことの
前兆に過ぎないのかもしれないことが次第にわかってきた。
そしてその危険を理解するには、過去を理解することが必要だ。
(タイトル) フクシマの嘘
(監督) ヨハネス・ハノ
[PR]
# by hontou-no-koto | 2012-04-14 23:09


「ほんとうのこと」サイト管理人のつぶやきblogです。


by hontou-no-koto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
日記
映像
音楽
せいじ
環境
原発
未分類

以前の記事

2014年 12月
2014年 01月
2013年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

フォロー中のブログ

リンク

最新のトラックバック

ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
阿賀に生きる
from 映画とライトノベルな日常自販機
グルジアにひそむアイヌや..
from 罵愚と話そう「日本からの発言」
統合医療を考える。
from 統合医療を考える。
介護福祉士・ホームヘルパ..
from 介護福祉士・ホームヘルパーの..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧